08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

shilasjiro

Author:shilasjiro
「図書館モニター」は静大図書館公認の学生グループです。
静大図書館が学生にとって便利で居心地のいい場所になることを目指して日々活動しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビブリオバトル首都決戦】予選会

2013.11.23 13:47|未分類
9月27日にビブリオバトル首都決戦の予選会を行いました。
大学図書館で行い、当日は10名以上の方に聴講参加頂きました。
残念ながら体調不良で参加できなくなってしまったバトラーの方もいましたが、
予選会は白熱したバトルとなりました。

では、結果をお伝えします
1『ハムレット役者』 芥川 比呂志
2『神去なあなあ日常』 三浦しをん

チャンプ本に輝いたのは…『ハムレット役者』でした。

ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

スポンサーサイト

【お知らせ】ビブリオバトル首都決戦予選会開催決定

2013.09.22 15:12|イベント
この度モニターでビブリオバトルを開催することとなりました。
現在、ビブリオバトルの発表者と観覧の方を募集中なので
興味のある方はチェックしてみて下さい。


【ビブリオバトル首都決戦2013 第1回予選会】
日時:9月27日(金)13:30-
場所:静岡大学附属図書館5階ハーベストルーム

発表者エントリーはこちらまで↓
bibshizuoka@gmail.com


観覧のみ希望の方はエントリー不要です。
当日、開催場所へお越しください。





活動紹介(4月)

2013.06.29 08:58|未分類
ずいぶんと更新を怠っていました
3年になりました勝又です。お久しぶりです。


モニターですが6月までに新規メンバー7人が入り、25年度は18人で活動しています。


せっかくなので4月からの活動を順次紹介していきたいと思います。

まずは4月

4月は新規メンバー募集もかねて、モニターの活動紹介の掲示物を作りました。
掲示物は昨年度の活動を写真やイラストを使っての紹介です。
文の内容や掲示物はメンバーで協力して作りました。IMG_20130629_085548.jpg



できたのがこちら
入館管理ゲート前に掲示させてもらいました。

協力してくれた人の数だけ表現が広がり、作業もはかどりました。
絵のセンスが絶望的といっていいほどない私にはイラストとかまず描けないので
協力してくれたメンバーに感謝です。


それからモニター選書の展示も行いました。
モニター選書は毎年ありますが、24年度は2回の実施に
今回は12月の選書分で、なかなか展示を作る機会がなくやっと御披露目です。

展示場所は入館管理ゲート入ってすぐの一等地。
職員さんの話では足を止めて見ていく学生が多くみられたとのこと。
展示してある本ももちろん貸し出しができ、減っているのを見ると嬉しいものです。

4月の活動はこんな感じでした
次回は5月の活動紹介をしたいと思います






あけましておめでとうございます(大谷)

2013.01.25 14:11|未分類
あけましてめでとうございます。

最近更新が無くて寂しいですね。私は卒論で必死でした。

年末は図書館総合展に出展したり、今話題の千葉大学アカデミックリンクを見学したり、本当は書きたいことがたくさんありました。

今月は28日に、立教大学池袋図書館や東京女子大学図書館に訪問を予定しています。

こちらのご報告ができればな、と思っています。

では、今年もよろしくお願いいたします。

図書館フェスタを終えて

2012.11.27 00:31|イベント
総合プロデューサーの遠藤です

モニターの一年を通しての活動の内、最大の行事である図書館フェスタが無事終了しましたので、ご報告申し上げます。


そもそも、総合プロデューサーというのは図書館フェスタ成功のために設置される臨時の役職で、主な仕事内容は図書館フェスタにむけての各メンバーとの意思共有、全体の把握、会議の議事進行、図書館職員との連絡役、学務係などとの対外交渉であり、非常に重要なポストです。
前任の方は4年生でとても有能な方でした。
ですから、弱冠2年生の僕がこの役職に就いた時は、フェスタ実現までに皆をまとめあげられるかどうかとても不安でした。
更に、去年より人手が不足しているため、イベントの内容を縮小するかどうか、また、仕事をどのように配分するか等、前途多難の船出でした。
このような環境の中、無事図書館フェスタが成功したのも、各々仕事を全うしてくれたメンバーのおかげです。

さて、具体的なフェスタ当日の内容に入りたいと思います。
今回は人手不足のため、去年実施したスタンプラリーは廃止して、活動紹介・蔵書展示・ワークショップ(ブックカバー作り)の3つにイベントを絞りました。更にこの3つにそれぞれリーダーを置いて、陣頭指揮をとってもらいました。

・蔵書展示
 テーマを「静岡にまつわる本」と設定して、図書館の展示コーナーに展示しました。写真集などが人気であり、主に年配の方に楽しんでいただけたように思います。

DSCF2548_R_R.jpg

・活動紹介
 ビブリオバトルの紹介、モニターのこれまでの歩みを綴ったパネル展示等を行いました。ただ、活動紹介のグループは直近に迫ったポスターセッションの準備と同時進行だったので、かなり大変だったと思います。

DSCF2493_R_R.jpg

DSCF2494_R_R.jpg

DSCF2491_R_R.jpg

DSCF2492_R_R.jpg

・ワークショップ
 図書館のギャラリーをお借りして、来場者の皆様にブックカバー作りを楽しんでもらいました。これは当日人手がいるイベントで、皆で協力してシフトを組んで行いました。来場者は50人以上でまずまずの盛況だったように思います。特に年配のご婦人方、家族連れの方が多数でした。針と糸は使いませんが、アイロンを使う作業だったので、小さいお子様の分は親御さんにやっていただくようにして、安全面を確保しました。反省点としては、準備していた布や裏打紙が無くなってしまったこと、布のサイズが合わず文庫本が入らなかったケースが何件かあったことです。これに関しては、下準備の段階で不手際があったと反省しています。

DSCF2496_R_R.jpg

DSCF2495_R_R.jpg

DSCF2489_R_R.jpg

DSCF2490_R_R.jpg


以上が今回のフェスタの概要です。
反省すべき点は多々ありますが、総合的に見て今回のフェスタは一定の成功を収めたと言えると思います。
来年の総合プロデューサーには、今年の反省点を踏まえて、フェスタを成功に導いてほしいと思います。

最後になりますが、今回の図書館フェスタは、図書館の職員の方々、静大祭実行委員会、静岡大学学務係、そして各グループリーダー・メンバーの方々のご協力があってこそ成功を収めることができました。この場を借りてお礼申し上げます。

DSCF2388_R.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。